岡崎の美容外科クリニックナビ » 美容整形・美容外科の基礎知識 なんでもQ&A » 美容整形の副作用について教えて!

美容整形の副作用について教えて!

美容整形の手術を受ける方が必ず心配になるのは「リスク」「副作用」ではないでしょうか。リスクや副作用が発生すると、せっかく綺麗になりたいと思った気持ちも消えてしまいます。しかし、施術前に知っておくと、対策もしやすいですよね。この記事では、美容整形の副作用やリスクについてご紹介します。

ヒアルロン酸注入のリスク・副作用

ヒアルロン酸は、気になるシワの内側にヒアルロン酸を注入する方法です。ヒアルロン酸を補うことで、肌の保水力が高まり内部からシワを盛り上げて改善します。

多く見られるリスクは、内出血。皮膚の薄い部位や毛細血管が多い箇所ではよく発症します。また、ヒアルロン酸注入の刺激で、腫れやむくみを感じる事がありますが数日で治まります。

フェイスリフト(メス不要の場合)
のリスク・副作用

糸を注入してたるみをリフトアップする『フェイスリフト』は、内出血やむくみが発生するリスクを伴います。しかし、メスを使う手術の場合、内出血などに加えて顔に傷をつける危険性も。内出血を起こさないフェイスリフトは、特殊な針を使う施術法もあるので、医師と相談してみてください。

レーザー治療
のリスク・副作用

施術後は、一時的に黒いかさぶたができることがあります。7〜10日ほどでかさぶたがはがれてピンクの皮膚が出てくるので、稀に水疱・潰瘍を生じる可能性ありえます。

また、熱を加える治療器のため、火傷のリスクもゼロではなく、しみが綺麗になる過程で色素沈着が出現します。肌を冷やすなど対策を心がけましょう。

ピーリング治療
のリスク・副作用

ケミカルピーリングは古い角質を剥がすため、肌の状態によっては赤みや皮剥げが数日続くこともあります。特に皮剥げは、焼けた皮膚跡がむき出しになるため、乾燥を防ぎましょう。白色ワセリンを塗り、保湿すると症状が和らぎます。

脂肪吸引
のリスク・副作用

脂肪吸引の手術後は、腫れ、痛み、圧迫感が出やすいため気をつけましょう。さらに、術後数日経ってからは、患部や患部の周囲に青あざが出る場合があります。2週間ほどでだんだん青みが薄くなって消えていきます。腫れや痛みも急速に軽くなるので、さほど心配はいりません。

豊胸手術
のリスク・副作用

豊胸手術後は、個人差はありますが、腫れ・痛み・皮下出血が出現します。また、施術によって破損の可能性や手術跡が残ることも。シリコンバッグを入れる位置によっては、筋肉が無理に引き伸ばされることにより、激痛が走ることも。豊胸手術の施術方法は数種類ありますので、自分に合ったものを選択してください。

西三河エリアは美容皮膚科が多いエリアで、美容のお悩み全般が解決できる美容外科は5院。調査の結果、美容外科クリニックが一番多く、料金設定が低めなのが「岡崎市」でした!

岡崎市の美容外科
【お悩み別】料金比較をみる

イメージ

30代・40代のエイジングの<6大悩み>に対して、おすすめの美容治療をピックアップ!治療の特徴や岡崎市の美容クリニックの料金目安を調査しています。美容家の一言コメントも見逃せない!